「原発を止めてください」という書き込みを見て感じること

「原発を止めてください」という書き込みや応援を、
現在その地域で生活していない人たちによく見かけるが、
福島の事故以来、そこに暮らす人たちを含め原発が100%安全だと考えている人は一人もいないと思う。
しかし、そこにはすぐには止められない原発に依存した周辺地域の経済環境があるのも事実。
「原発稼働には賛成できません。今すぐ停止しましょう。来月から失業しても仕方がありません。」、心のどこかで、そう言いたい人は沢山いるはずです。

しかし、家族を養う必要があります。思っていても言えない人たちがいます。単純な、反対・賛成の話ではないと思います。

また、

原発反対を掲げる政治家も沢山みかけます。

反対することには異議は感じません。

しかし、止まった原発は勝手には無くなりません。

止まっていても放射性物質の保管、放射線の管理、設備の点検に多額のコストがかかります。

廃炉にするためには30年、40年と1世代の年月がかかります。

反対を唱えるだけなら素人でもできます。

政治家なら、30年、40年をどのように進めるのか。地域経済をどう変えようとしているのか、将来像を示し、だからそのために今何をやろうとしているのかを説明していただけるとわかりやすいと感じます。

Evernoteをアップデートしたらノートが表示されなくなった

Evernoteのプレミアムを使っていてApp Storeでアップデートしたら
・ノートが表示されなくなった。
・タイトルが無題になってしまった。
というレビューがあるが、

私もそのひとりw

私の場合の以下の方法で回復することができたので残しておく。
 
あれこれいじって傷を深める前に。
一旦macからアプリをアンインストール(削除)する。
 
その前に、
もしもローカルに未同期のデータがある場合には
あまり既存のノートにさわらず同期のみ済ませる。
アプリを削除する前に自分のIDとパスワードも忘れていないか確認しておこう。
 
ローカルからアプリを削除してもノートはクラウド上にあるので消えることは基本的にない。
 
本家のサイトからアプリをダウンロードして再インストールしよう。
App Storeにあるバージョンは申請から公開までに時間がかかるので古い場合がある。
 
再インストールが済んだらログインしてクラウドのデータを取得(同期)する。
 
恐らくこれで元に戻るはずだ。
但し、壊れたローカルデータでクラウドのデータを更新してしまった場合には戻らないと思うが、
 
もし、複数台のmacを使っている場合には望みがある。
その場合はEvernoteを立ち上げる前にネットワークとの接続を切ってから行う。
ローカルにはクラウド上のクローンがあるのでノートが無傷の場合があるので、タイトルを見ながら既に作業の済んだmacもしくはwebからタイトルを修正する。

XYZステージの動作確認 ー 3Dプリンターをゼロから作る

暫く中断していた(半年くらい?)3Dプリンターの制作を再開した。
精度を出す為に重要な部分がこのXYZのステージだが今のところどの程度の精度になるかはやってみないとわからない。

現時点の状況を記す。

通常は開発されたコントロールボードを使うのだが今回はできる限り手作りに拘った。

コントローラーにはRepRapで定番のArduino Megaを採用した。RAMPS1.4を配線の参考にした。

Arduino Mega 2560
Arduino Mega 2560

ファームウェアにはMarlinをベースに改造する。

ステッピングモータードライバストロベリー・リナックスで購入した。

42mm ステッピングモータ 12V 2相
42mm ステッピングモータ 12V 2相(出典:ストロベリー・リナックス)
L6470 ステッピングモータ・ドライバキット
L6470 ステッピングモータ・ドライバキット(出典:ストロベリー・リナックス)

コントロールソフトはPrintrunを使用した。

操作用はオープンソースのソフトを使う
操作用はオープンソースのソフトを使う

実際にSTLを読み込んでg-codeへ変換して動かす訳だが温度センサーが一定温度になるまで動作しない。しかし、本来あるべきホットエンドがまだ製作中の為温度データを入力することはできない。そこで手元にあった可変抵抗を替え玉にしてボードの入力に使った。

サーミスターの替え玉に可変抵抗を使う
サーミスターの替え玉に可変抵抗を使う

そして動いたのがこちらの動画だ!
まだスピード的には目標を達成していないがひとまずは動くことは確認することができた。

総務省がスマフォの統計アプリを公開

15日総務省がスマートフォン(Android)の統計アプリをプレスリリースしました。

総務省:「アプリDe統計」の提供開始

早速、ダウンロードしてみましたところ機能はシンプル。統計データの閲覧ができるアプリでした。

誰が使うのか?

データを調べることがあれば一カ所にまとまっているので便利かもしれないが今のところ必要性は感じないアプリでした。

画面のデザインにキッズ向けのコンテンツも含まれているので学校教育で使う機会ありそうです。

で、開発者としてはどこのデータを使っているのか気になるわけで社内のWiFi経由で使ったのでネットワークパケットを調べたら、次世代統計利用システムからデータを読み出していることがわかりました。

納得!

オープンデータを使った事例を自前で作ったアプリで使ってみせたという感じのようです。

説明では、Google Playで検索すれば見つかるような説明が書かれていますがまだヒットしません。

結局一覧からアイコンを頼りに探す結果でしたので、アプリのリンク先を書いておきます。
Android app on Google Play

以下は、実際に動かした際のスクリーンショット

Screenshot_2014-04-15-13-42-17 Screenshot_2014-04-15-13-42-35 Screenshot_2014-04-15-13-42-46 Screenshot_2014-04-15-13-42-55

検索結果に表示される「広告」マーク

13日から海外でも話題になっている?

かもしれない情報。

ログインした状態でGoogle検索に表示される広告に黄色い「広告」のマークが付いた?

グーグルアドワーズに黄色いマーク

いつから?

不明!

昨年11月ごろ、ログインしていない状態で表示されることは話題になっていたようだ!

今までは広告の背景に淡い色が付いていたが、この変更で広告のクリックはどのように変化するのか非常に興味がある。

広告掲載側からみた期待する効果は、誤ったクリックの現象だ!

今までなら知識的な調べものをしている時には広告の先にある情報は検索の対象とする「物」が何であるかに関わらず、ついつい広告文に引かれて押してしまったはずだ。(それが結構広告費用負担の原因にもなっていた)

しかし「広告」と表示されていればハウツー(how-to)情報を探しているユーザーがクリックすることは減るかもしれない。(理想)

逆に購入したい物を探していいるユーザーはそのとき紙のチラシが目の前にあれば手に取る様に好んで「広告」の付いたリンクをクリックするだろう。(アドワーズの肩を持つ訳ではないが)

もし、この表示が継続的に行なわれるのであれば今後のクリック率、コンバージョン率の変化を観察して後日まとめられるかもしれない。

bundle installがエラーになる。

bundle install ○○○○

の様にインストールしようとしたら以下の様なメッセージが表示された。

Agreeing to the Xcode/iOS license requires admin privileges, please re-run as root via sudo.

これはXcodeをアップデートした後にライセンス認証を行っていないときに表示される。

この場合、Xcodeを起動してライセンスに承諾すれば解消される。

 

エクストルーダーが完成 ー 3Dプリンターをゼロから作る

先週から加工を始めたエクストルーダーの試作1号がやっと完成した。

構造の検討に1週間。

そして金属加工から1週間。

エクストルーダー部品

下の動画が実際に動かしてみたところです。
まだホットエンドと呼ばれる溶かす部分は付いていない状態ですが、多分うまく動作するのではないかと安易に考えています。